湯河原ウォーキング~足湯めぐり~

今回の「駅からハイキング」は湯のまち「湯河原」万葉ウォークです。

予約の要らない期間設定コースのウォーキングです。

いつもは2000人位の参加者がいるため

人の後ろについて歩いている感じで

迷子になることもないのですが、

今回は、一人なのでちょっと不安です。


駅前の観光案内所でマップを貰ってスタートです。

歩いていると温泉町らしい風景に出合います。



画像


画像




五所神社の大銀杏は推定樹齢800年だそうです。


画像


湯河原美術館では平松礼二という人の作品を見ました。

日本調の作品で花びら等がとても細かく丁寧に描かれています。

文藝春秋の表紙絵を描いている人だそうです。

そういえば、こんな感じの絵、本屋さんでよく見ていました。

絵が気に入り絵ハガキを買いました



画像



光風荘は 2.26事件のあった場所です。

事件の焼け跡に復元され資料館になっています。


襲われたのは大久保利通の次男、牧野伸顕伯爵。

その孫で一緒に滞在中だった当時20歳の吉田和子さんは

麻生太郎元総理のお母さんです。


当時の新聞、写真、手紙、また、青年将校が自決に使った果物ナイフ等が展示され、

ちょっと生々しい感じ・・・

でも歴史の勉強になります。



画像
画像



ほたるの里入口の万葉の歌碑


画像


ここから歩いて独歩の湯へ行きます。


画像




行きは湯河原にゆかりの深い文人たちの歌が紹介されている「文学の小径」を、

帰りは次の写真に見えている川のすぐそばの下の道を歩きました。



川が水しぶきをあげて流れています。


画像




画像



画像



最後の紅葉です。


画像


万葉公園の独歩の碑です。


画像


足湯の「独歩の湯」に着きました。


画像


色々な効用の足湯がたくさんあります。

底がでこぼこしていて歩くと足のつぼに効くそうです。


一番人気は熱い足湯でした。

最初は足先しか浸かっていられない熱さでしたが

足湯めぐりをして慣れた最後の頃には

ちょうど気持ちいい熱さになりました。


画像


画像



帰りは下の道を歩きます。


画像



福泉寺の珍しい「首大仏」。


画像


千歳川が県境になっているので、向こう側が神奈川県、こちら側は静岡県です。

今、静岡県を歩いています。



画像


湯河原駅そばの成願寺のビャクシン

やはり推定樹齢800年です。


画像


画像


湯河原駅構内のたぬき?


画像


途中二ヶ所道に迷いましたが、のんびりできた良い旅でした。

足湯に入った後の足の軽さが忘れられません。








2010年12月11日撮影

総歩行距離 約9.5km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年12月21日 19:20
湯河原美術館の絵は実に綺麗ですね。
自分も多分絵葉書に手が伸びたでしょうがしかし少し遠い~
(国木田)独歩?の碑は三鷹の浄水場の多摩川上水にも立っていますね。
自分も先日ようやく奥多摩で駅からデビューできました。
土日はなかなか休めませんがこれからも頑張って挑戦したいと思います。
2010年12月22日 08:55
駅からハイキングデビューおめでとうございますいつも歩いて(走って)いらっしゃるので、どうってことない距離でしょうか?そのうち参加記念のバッチが集まるのが楽しくなりますよ。
2010年12月30日 12:56
こんにちは~。
湯河原に行ったのですね~。
私はいつも電車賃のあまりかからない近場ばかりなので、たまには遠出するのもいいですね~。
私もここの足湯に行ったことがありますよ~。
野の花さんは今年は駅から何回くらい歩きましたか?
来年もお互い歩いて楽しみましょうね~
2010年12月30日 20:45
私も、電車賃のあまりかからない鈍行で日帰りできる場所を選んでいますよ。住んでる場所の地の利がいいので東西南北どこへでも行けるのがいいです。
今年の駅からハイキングは18回参加しました。

この記事へのトラックバック